嬉しく笑う女性

ルナベルとは、避妊を目的とした薬ではなく月経困難症に用いられる薬になります。
低用量ピルの部類になりますが、避妊を目的には使用できず月経による下腹部の痛みや腰痛、イライラや頭痛、吐き気などの日常生活や仕事にまで支障を来してしまう症状を軽くする薬になります。

これらの症状は子宮内膜症や子宮腺筋症などの器質的月経困難症と原因となる疾患の無い機能性月経困難症に別れています。
ルナベルは女性ホルモンを配合することによって、排卵を押さえて卵巣や子宮を休ませる効果があり妊娠しているような状態を作ることによって生理を軽くして痛みやイライラなどの不快な症状を緩和する効果があります。
妊娠しているような状態を作ることによって結果的に避妊が行えるようになりますが、あくまでも月経困難症を軽減するための薬です。

薬ですので副作用もあり、吐き気や頭痛、胸の張りや痛み、不正出血などが上げられますが服用初期にはよくある症状のためさほど心配はないとされています。
しかし、ごくまれに四肢の脱力や麻痺、下肢の痛みやむくみ、しびれ、突然の息切れや急激な視力低下、ろれつが回らなくなるなどの重篤な副作用が出てしまうケースもありこのような症状が出た場合には使用を止めてすぐ医師に相談することが大切です。

重い生理痛で仕事や日常生活がままらないと言う場合、医師に相談することによって軽減することも多くあります。
ルナベルを始めとした低用量ピルを用いる場合には、医師の指示通りに服用して正しく使用することによって、重篤な副作用を避けることもできるため、用法用量を守って活用することによって月経困難症の症状を緩和して少しでも生活を楽にすることをおすすめします。